40歳代生命保険選びの注意点

MENU

生命保険に加入するとき、誰でもいちばん悩む事が保険金額をいくらに決めるかではないでしょうか。「他の皆さんはいったいいくらぐらい掛けているのかな?」と気になる人もみえるでしょう。
生命保険文化センターが、保険金額の統計をとっていますから、個人の支払う額の「相場」を調査しました。死亡保険金の平均は男性2,000万円弱で女性800〜900万円ほど生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によりますと、死亡保障の額とは、つまり本人が死亡した時に支払われる保険金額の平均は男性で1,882万円、女性で881万円です。
まだまだ働き盛りで家族を養っていかなければならない責任が主として大きくなる40代をピークとし、30〜50代の男性が高額な死亡保険金を掛けているという実態があるのです。女性は年代を通して多額の死亡保障を掛ける人はあまりいない様です。ですが、この金額では、いわゆる一般の保険会社の生命保険だけでなく、JAや全労済などが取り扱っている共済も含まれています。
共済だと保障額の上限が民間の生命保険より低いので、上記の統計結果にも少なからず影響しています。この統計は、調査対象のおおよそ9割が民間の保険(かんぽ生命含む)の加入者で、民間の生命保険に限ると、保険金額の平均は男性で1,912万円、女性で895万円と少々上がります。保険金額を推移でチェックすると、少しずつ減少傾向にあるみたいです。
一般的に希望する保障額は男性で5,000万円となっています。ですが半数以上が「足りない」という感想中には2割の人が5,000万円以上としており、いざというときには残された家族の生活費の為にお金をしっかり遺したいといった含意が見えてきます。どちらもの平均を出すと男性で3,172万円、女性で1,463万円です。
この数字はあくまで希望の額であり、実態は前に述べた調査結果のとおり平均で男性1,882万円になります。男性については、希望されている額より1,290万円も少ない金額しか掛けられていないといった結果となります。この結果から、本当はもっと多額の保険金を掛けたいのですが、支払う保険料が高くなるために仕方なく断念している足りない保障額の分は保険金以外の方法(貯金など)で補う予定 のどちらなのでしょうか。
ではその理由を明確にする為に、調査を行って更に詳しく、現在の死亡保障に対しての満足感をたずねています。生命保険の保険金額だけでなく、公的保障の額なども全部含めた上で、死亡時の為の経済的な事に関しての準備に、自分自身で満足をしているかどうかという問いです。
今現在、自分が準備している死亡保障に対して、「どちらかというと足りない」または「まったく足りていない」という様に感じている人が合わせて57%となっており、半分を超えた人が死亡保障に満足していません。正確には、この調査につきましては、終身保険・定期保険など、生命保険の細かな分類等は考慮していません(唯一、個人年金保険は除外されています)。
そのため、純粋に死亡した際に必要な費用(葬式費用など)のために死亡保障が大切だと思って準備をしている人や、老後の生活資金にも使用できるように解約返戻金をあてこんで貯蓄型の保険に入っている人も混在しています。この両者の意見では、一口で希望の死亡保障額と言っても微妙に違いがある様ですので、その点で、こちらの統計結果はあくまでも参考程度になります。
だいたい、保険は自分自身にとっての必要性をしっかり考慮して設計すべきもの。隣の人がいくらの保険に加入しようと、自分も同じ金額でいい訳がないのです。気になる気持ちもわからない事はないですが、保障額を決める時は、自身にとって最も適した額をきちんとこれからの人生設計のシミュレーションすることを必ず忘れないようにしてほしいと思います。